写真

※写真はイメージです(写真=iStock.com/recep-bg)

働き方改革のおかげで労働時間が減ったかというと、現実はそうでもありません。国際的に見た生産性の低さも指摘され続けています。そんな現状の打開策として、東京工業大学准教授の西田亮介さんは、法定労働時間を1日6時間、週30時間に引き下げるべき、と提案。実現可能性も含めてその提案を探ります。 ■働き方改革の効果のほどは…… 日本では残業時間を除いて、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング