写真

在職老齢年金制度の存在が、高齢者のもっと働きたいという意欲を阻害している。(※写真はイメージです) - 写真=iStock.com/kanetomo883

■可能な限り“より高い賃金で”“より長く働く” 今年8月、5年に一度の「財政検証」の結果が公表され、来年予定の公的年金制度改正に向けた議論が進んでいる。 公的年金というと、「年金財政の健全性」や「世代間の不公平性」に焦点が当たることが多いが、本稿では働き方や労働市場との関わりにフォーカスして論じたい。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング