写真

島精機製作所の工場。1本の糸から服を編み上げるホールガーメント横編機を製造。(画像=『アパレルに革命を起こした男』)

服の製造には無駄が多い。裁断時の切り捨てでは大量の原料が捨てられ、トレンドに遅れた商品は廃棄される。和歌山県の島精機製作所は、そうした無駄を劇的に減らす機械を作った。『アパレルに革命を起こした男』(日経BP社)の著者・梶山寿子氏が、異能のメーカー・島精機の秘密を解説する——。 ■今までのアパレル産業は「無駄ばっかり」 環境保全など、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング