写真

「生き残りを図る東芝のための連合」という意味合いが強い?(時事通信フォト=写真)

■異業種の知恵を結集 東芝が主導し、約100社の日本企業がIoTサービスの共同開発に関する連合を結成する。IoTとは、家電をはじめとする様々なモノがインターネットに接続され、画期的な新サービスが生まれるという次世代技術。エアコンの稼働状況から、単身高齢者の異変を察知できる見守りサービスがその一例である。 ただ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング