写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Tony Studio

日本IBMをリストラされた後、起業家やアーティストとして幅広く活躍する勝屋久氏。勝屋氏は、「かつてはお金のために働いていた。しかし、そうやって自分の時間を切り売りしている苦しくなる。自分の人生をどう生きるかについて、どこかで深く考えたほうがいい」という――。 ※本稿は、勝屋久『人生の目的の見つけ方自分と真剣に向き合って学んだ「倖せの法則」』(KADOKAWA)の一部を再編集したものです。 ■お金のために働いていた過去の自分 仕事という言葉を普段から何気なく使っていると思うが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング