写真

三重県志摩市の志摩市民病院のウェブページでも、「基本理念 絶対断らない。」と謳うたっている。

三重県志摩市の志摩市民病院は、志摩市南部の在宅医療で重要な役割を担う中核病院だ。しかし毎年7億円の赤字を垂れ流し、2015年12月、医師3人が一斉退職。唯一残った医師は大卒後7年目の若手医師・江角悠太さん(当時34歳)だけだった。江角さんは病院を建て直すため、「どんな患者も絶対に断らない」というムチャなアイデアを実行に移した――。(前編/全2回) ※本稿は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング