写真

2019年に新設した「リンガーランチ」 - リンガーハット公式HPより

長崎ちゃんぽんチェーン「リンガーハット」の業績がふるわない。既存店売上高は2期連続で前年割れ。不振のきっかけは2年前の値上げだ。客離れを解決するため、370円の定食を新設したがうまくいかなかった。店舗経営コンサルタントの佐藤昌司氏は「小さくて安いだけでは話題にならない。『小盛』と『超特盛』を一緒に打ち出した吉野家が参考になる」と分析する――。 ■「長崎ちゃんぽん」は626円から637円に 長崎ちゃんぽん「リンガーハット」の不振が止まらない。株式会社リンガーハットが3月5日に発表したリンガーハット業態の2020年2月期の既存店売上高は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング