写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Kavuto

日本語の微妙なニュアンスをそのまま英語で伝えると、大変なトラブルになることがある。『外資系1年目のための英語の教科書』の著者マヤ・バーダマンさんは、「『検討します』『持ち帰ります』という英語表現はありません。日本人に話す感覚で、『I’llthinkaboutit』といっても、英語話者には通じないでしょう」という――。 ※本稿は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング