写真

※写真はイメージです(写真=iStock.com/AndreyCherkasov)

30代の3人に2人がかかっているといわれる「歯周病」。進行すると歯を失うことにもなりかねない病気だが、「むし歯」との違いを認識している人は意外と少ないようだ。 ■歯周病の認知率は高いが、半数以上が「ムシ歯」との違いを理解していない サンスターが30~40代の男女500人を対象に行ったインターネット調査によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング