写真

マレーシアの首都クアラルンプール市内で警戒にあたる警察官。活動制限令下で飲食店が営業していないかなど厳しく取り締まりがされている状況だ - 撮影=海野麻実

■強化される罰則、醸成される国民の危機意識 現在、世界各国は続々とロックダウン(都市封鎖)を宣言し、厳しい罰則や禁錮刑などを科す国も出てきた。私が住んでいるマレーシアでも、アジア初の「事実上の国境封鎖」と「活動制限令」が発動され、当初2週間(3月18日から31日まで)としていた外出制限が、さらに2週間延長された。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング