写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/bennymarty

世界の歴史を紐解くと、感染症の流行がたびたび社会を大きく変えてきたことがわかる。著者の池上彰氏と増田ユリヤ氏は「新型コロナウイルスの感染が拡大している今も、安倍政権の政策によっては大きく社会が変わる可能性がある」という――。 ※本稿は、池上彰、増田ユリヤ『感染症対人類の世界史』(ポプラ新書)の一部を再編集したものです。 ■平清盛は「日宋貿易による感染症」で亡くなった 【池上】平清盛はマラリアで亡くなったのではないかと言われているそうですね。 【増田】1181年に亡くなっていますが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング