写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Milatas

妊娠中にもかかわらず、新型コロナウイルスの感染リスクのある職場で働かざるを得ない人がいる。医師の木村知氏は、「配置転換や休職を言い出しづらい人は、医療機関で特に多い。だが、妊娠4カ月の高橋医師(仮名)による署名活動や要望書の提出が、その風潮を変えるきっかけを作った」という——。 ■妊婦に「休職するなら無給」と言い放つ病院 先日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング