写真

TBSドラマ「夢で逢いましょう」制作発表会見=2005年4月4日、東京・目黒区のウエスティンホテル - 写真=時事通信フォト

不祥事を起こした芸能人はテレビから消し去るべきなのか。元テレビ朝日プロデューサーの鎮目博道氏は「7月6日にフジテレビで放送された『やまとなでしこ20周年特別編』では、2年6カ月の実刑判決を受けた押尾学さんの出演シーンに注目が集まった。出演シーンは数秒間だったが、カットしなかった判断は尊重されるべきだ」という――。 ■「やまとなでしこ」再放送で注目された押尾学の処遇 7月6日午後9時からフジテレビ系で放送された「やまとなでしこ20周年特別編」。再放送の話題とともに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング