写真

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/MarianVejcik

新型コロナウイルス感染の不安が頭から離れない「強迫性障害」の患者が増えている。精神科医の遠山高史氏は、「細部へのこだわりは、今日的社会ではむしろ推奨されている。この病の治療はかなり困難だ」という――。 ※本稿は、遠山高史『シン・サラリーマンの心療内科心が折れた人はどう立ち直るか「コロナうつ」と闘う精神科医の現場報告』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。 ■確認作業に明け暮れ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング