写真

慶應義塾高校野球部の森林貴彦監督 - 写真提供=東洋館出版社

少年野球はこのままでいいのか。慶應義塾高校野球部の森林貴彦監督は「小学生や中学生が、やるスポーツとして野球を選ばなくなっている。その減少は少子化よりはやく、このままでは甲子園大会も続けられなくなる」と警鐘を鳴らす——。(第2回) ※本稿は、森林貴彦『ThinkingBaseball慶應義塾高校が目指す“野球を通じて引き出す価値”』(東洋館出版社)の一部を再編集したものです。 ■少年たちは野球を楽しんでいるか ここまで高校野球の問題点を記してきましたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング