写真

22日、韓国の女性向けサイト・ミズネットによると、韓国で、子供の出入りを拒否する店「ノーキッズゾーン」が数年前から広がりつつあり、今一つの社会現象になっている。この報道を受け、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

2017年9月22日、韓国の女性向けサイト・ミズネットによると、韓国で、子供の出入りを拒否する店「ノーキッズゾーン」が数年前から広がりつつあり、今一つの社会現象になっている。 店側が「ノーキッズゾーン」を作った理由としてインターネットに出てくる代表的な事例に「食事をするテーブルの上でおむつを替える」、「使った後のおむつを店に置いて帰る」、「子供がうるさく騒いで、泣く」などがある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング