写真

7日、韓国・アジア経済などによると、韓国の朴槿恵政権で最後の女性家族部長官を務めた姜恩姫氏が、7日の退任を前に元慰安婦らを訪ね「日本政府は謝罪した」と発言したとして波紋を呼んでいる。写真は日本からの謝罪を求め在韓日本大使館前で行われている集会。

2017年7月7日、韓国・アジア経済などによると、韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権で最後の女性家族部長官を務めた姜恩姫(カン・ウニ)氏が、7日の退任を前に元慰安婦らを訪ね「日本政府は謝罪した」と発言したとして波紋を呼んでいる。 韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)の尹美香(ユン・ミヒャン)常任代表は自身のフェイスブックで「姜長官が6日の午後5時過ぎ、連絡もなしにソウル・麻浦(マポ)にある挺対協憩いの場『平和のわが家』を訪れた」と明らかにした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング