写真

23日、サッカーワールドカップ(W杯)の2018年ロシア大会アジア最終予選グループA第6戦が中国・長沙賀竜スタジアムで行われ、韓国代表が中国相手に0−1のまさかの完封負けを喫した。写真は長沙賀竜スタジアム。

2017年3月23日、サッカーワールドカップ(W杯)の2018年ロシア大会アジア最終予選グループA第6戦が中国・長沙賀竜スタジアムで行われ、韓国代表が中国相手に0−1のまさかの完封負けを喫した。日本はじめ海外のスポーツメディアが「大波乱」「中国の歴史的勝利」などと伝えたこの結果を、地元韓国メディアはそろって「衝撃の敗北」「長沙の惨事」と表現し伝えている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング