写真

中国の高速鉄道が21日に最高時速350キロでの営業運転を約6年ぶりに再開し、日本の新幹線などを抜き「世界最速」に返り咲いた。資料写真。

中国の高速鉄道が21日に最高時速350キロでの営業運転を約6年ぶりに再開し、日本の新幹線などを抜き「世界最速」に返り咲いた。北京青年報は24日の記事で世界各国の高速鉄道の特徴を紹介した。 記事では、「ドイツでは1998年に起きた『エシェデ鉄道事故』で100人以上が犠牲になり、その後に発表された安全法案は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング