写真

日中両国の新聞・通信、テレビなどの編集幹部による「日中メディア対話会」がこのほど上海外国語大を中心に開催され、筆者も出席した。意見の相違も目立ったが、「小異を残して大同につき、相手国のプラス面も積極的に報道するべきだ」との点で一致した。写真は同大学。

日中関係は改善の兆しが見られるものの、なお両国の国民感情にはわだかまりが残っている。両国の新聞・通信、テレビなどの編集幹部による「日中メディア対話会」がこのほど上海外国語大学を中心に開催され、筆者も出席した。意見の相違も目立ったが、「小異を残して大同につき、相手国のプラス面も積極的に報道するべきだ」との点で一致した。 このメディア対話会は上海外国語大学と公益シンクタンク鍵叡が主催。日本側からNHK、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング