写真

中国訪問で「皇帝級待遇」で歓迎された米国のトランプ大統領。米中首脳会談で最大の焦点の北朝鮮問題では「朝鮮半島の非核化」で一致しただけだった。韓国紙は一斉に「期待外れ」「物足りない」などの声を上げている。資料写真。

2017年11月11日、中国訪問で世界遺産の故宮を貸し切りにするなど「皇帝級待遇」で歓迎された米国のトランプ大統領。米中首脳会談の最大の焦点は核・ミサイル開発に突き進む北朝鮮への対応だったが、「朝鮮半島の非核化」で一致しただけ。韓国紙は一斉に「期待外れ」「物足りない」などの声を上げている。 10月の中国共産党大会を経て2期目を迎えたばかりの習近平総書記(国家主席)にとって、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング