写真

中国では共産党の習近平総書記(国家主席)の権威付けの動きが進行している。一方で、習総書記について「偉大なる首領」と、故毛沢東主席を思わせる形容をした新聞のインターネット公開ページが閲覧できない状態になるなど、奇妙な現象も発生している。資料写真。

中国で習近平(シー・ジンピン)共産党総書記(国家主席)の権威付けがさらに進行している。10日と14日には貴州省メディアの黔西南日報が、「偉大なる首領」と形容、共産党の宣伝部長も同じ表現を用いたと17日に報じられた。「偉大なる首領」は過去には毛沢東主席に用いられた表現だ。しかし「偉大なる首領」の表現については通常はネットで公開されている掲載紙面が閲覧できなくなるなど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング