写真

11日、中国青年網によると、戦時中に中国侵略に関わった男性の遺族が10日、戦争当時の手紙や日記など遺品300点余りを中国江蘇省にある南京民間抗日戦争博物館に寄贈した。写真は南京民間抗日戦争博物館。

2017年12月11日、中国青年網によると、戦時中に中国侵略に関わった男性の遺族が10日、戦争当時の手紙や日記など遺品300点余りを中国江蘇省にある南京民間抗日戦争博物館に寄贈した。 記事によると、2006年に亡くなった武藤秋一氏の遺品を博物館に寄贈したのは息子の田中信幸氏。田中氏は贈呈式の席で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング