写真

16日、平昌五輪を控え韓国と北朝鮮との南北対話が再開したことについて、中国の王毅外相は朝鮮半島情勢の緊張緩和に向けた動きを歓迎した一方で、「破壊者」の出現に警戒感を示した。写真は王外相。

2018年1月16日、米華字メディアの多維新聞は、平昌五輪を控え再開した韓国と北朝鮮との南北対話に関連し、中国の王毅(ワン・イー)外相が朝鮮半島情勢の緊張緩和に向けた動きを歓迎した一方で、「破壊者」の出現に警戒感を示したと伝えている。 アフリカ4カ国を歴訪している王外相は16日、サントメ・プリンシペの首都サントメで香港のテレビ局の取材に応じ、最近の朝鮮半島情勢について「コップに水を入れ始めたようなものだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング