写真

日本の製造業は製品の品質の高さとコストパフォーマンスのよさで世界を席巻し、ビジネスのあり方も変える存在だったが、相次ぐ不正で行き詰まっているとウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。資料写真。

2018年2月13日、参考消息(電子版)によると、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、日本の製造業は製品の品質の高さとコストパフォーマンスのよさで世界を席巻し、ビジネスのあり方も変える存在だったが、相次ぐ不正で行き詰まっていると報じた。 神戸製鋼や三菱マテリアル、スバルなどが品質管理で不正を行っていたことがわずか数カ月の間に次々と発覚。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング