写真

18日、中国メディアの法制晩報は、米ペンシルベニア州フィラデルフィアの博物館で展示された中国の兵馬俑の1体から親指を盗んだ米国人の男について、「最長で懲役10年の判決を受ける可能性もある」と伝えている。写真は兵馬俑。

2018年2月18日、中国メディアの法制晩報は、米ペンシルベニア州フィラデルフィアの博物館で展示された中国の兵馬俑の1体から親指を盗んだ米国人の男について、「最長で懲役10年の判決を受ける可能性もある」と伝えている。 記事によると、フィラデルフィアのフランクリン科学博物館で展示された中国の兵馬俑の1体から親指がなくなっているのが見つかった問題で、米連邦捜査局(FBI)は、デラウェア州在住の米国人、マイケル・ロハナ容疑者(24)が昨年12月21日、館内で開かれたイベントに参加した後、閉館中の展示スペースに侵入し、1体の兵と自撮りし、親指を折って持ち帰ったとする調査結果を発表した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング