写真

中国では官僚登用の制度として、1905年まで「科挙」と言う試験制度があった。その合格倍率は3000倍とも言われる。日本で司法試験が厳しいとか言われもせいぜい30倍である。写真は筆者提供。

中国では官僚登用の制度として、1905年まで「科挙」と言う試験制度があった。隋の文帝(587年)から始まり、清末期(1905年)まで1300年もの長きに渡り存在した官史任用制度である。多民族国家の言語思想を統一させる点では大きな効果があったが、20世紀の西洋列国の合理的な自然科学重視の中では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング