写真

13日、韓国メディアによると、中国の習近平国家主席が韓国の文在寅大統領の特使として訪中した鄭義溶大統領府国家安保室長と会談した際の「席の配置」が、「外交的欠礼だ」として韓国で物議を醸しているという。写真は人民大会堂。

2018年3月13日、韓国・中央日報によると、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪中した鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領府国家安保室長と会談した際の「席の配置」が、「外交的欠礼だ」として韓国で物議を醸しているという。 記事は「12日午後に北京の人民大会堂で行われた会談で、習主席はテーブル中央の上座に座ったが、鄭室長はそれより格下の下座に座った」と説明し、「鄭室長が習主席主催の業務会議に出席しているように見えた」と伝えている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング