写真

広東省広州市内の賃貸住宅で、住人がガス臭を感じたためガス栓を改めて閉めたが漏れが止まったかどうか不安に思い、コンロに点火したため爆発する事故が発生した。資料写真。

2018年3月21日、中国メディアの新浪網によると、広東省広州市内の賃貸住宅で、住人がガス臭を感じたためガス栓を改めて閉めたが漏れが止まったかどうか不安に思い、コンロに点火したため爆発する事故が発生した。 事故発生は広州市黄浦区の賃貸住宅で14日夕方に発生した。部屋に住む若い女性2人が帰宅したところ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング