写真

東京都庁はこのほど、東京都における住居喪失者の人数調査を初めて行い、1日当たり約4000人の住居喪失者がネットカフェで寝泊りしていることが判明した。資料写真。

日本では、決まった住所を持たず、ネットカフェで生活する人たちを「ネットカフェ難民」と呼んでいる。東京都庁はこのほど、東京都における住居喪失者の人数調査を初めて行い、1日当たり約4000人の住居喪失者がネットカフェで寝泊りしていることが判明した。 夜の帳が下りた東京の中心街はネオンが煌々と輝いており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング