写真

7日、韓国・中央日報によると、韓国空軍が次世代戦闘機として40機を導入する予定の米ステルス戦闘機F-35ライトニング2に900以上の欠陥が発見された。米国議会所属の会計監査院が明らかにした。資料写真。

2018年6月7日、韓国・中央日報によると、韓国空軍が次世代戦闘機として40機を導入する予定の米ステルス戦闘機F-35ライトニング2に900以上の欠陥が発見された。米国議会所属の会計監査院(GAO)が5日(現地時刻)に明らかにした。 GAOが公開した報告書によると、1月現在でF-35には966カ所の技術的問題が発見されており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング