写真

中国では、広東省内が大雨に見舞われた8日、同省内で外出していた人4人が感電死したことが問題視されている。

中国では、広東省内で8日、外出していた人の感電死が相次いだことが問題視されている。死亡したのは計4人で、当局は2人については「感電死の可能性を否定できない」としているが、医療機関が作成した死亡証明は死因をいずれも「感電」としている。中国メディアでは上観、澎湃新聞など多くのメディアが関連記事を配信し続けている。 同省仏山市で8日午後7時ごろに発生した事故では母親と娘の2人が死亡、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング