写真

19日、参考消息は「日本が領土問題でまた小細工、中韓が同時に怒る」と題し、日本の学習指導要領に対する両国の反応を報じた。写真は中国外交部の18日の定例記者会見。

2018年7月19日、参考消息は「日本が領土問題でまた小細工、今度は中韓が同時に怒る」と題し、日本の学習指導要領に対する両国の反応を報じた。 記事は文部科学省が17日、高校の次期学習指導要領解説書を公表したことを伝え、「地理歴史、公民で、『竹島(韓国名:独島)と釣魚島(尖閣諸島の中国名)は日本固有の領土』と教える修正内容が前倒しで適用される見通し」と説明。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング