写真

8日、韓国メディアは、強盗強姦を犯し逃亡生活をしていた容疑者が、事件当時から19年越しで逮捕されたと報じた。写真は韓国の仁川空港。

2019年1月8日、韓国・東亜日報によると、強盗強姦犯が19年間にわたる逃亡生活の末、公訴時効が成立したと勘違いして逮捕されていたことが分かった。逮捕直前、家から出てきたイ容疑者は、警察が近付いても平然とした様子でおり、刑事2人に捕らえられ、逮捕状に書かれた「強盗強姦」の文字を見ても「そんなことをした覚えはない」と言ったという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング