写真

1959年に始まり、在日韓国人らが日本海を渡った北朝鮮帰還事業。韓国紙は「国家犯罪」と非難し、韓国政府に対し「日本の過去史を問題視するなら、北送の謝罪を要求するのが先決では」と訴えた。写真は北朝鮮。

60年前の1959年12月14日、北朝鮮帰還事業の第一陣として在日韓国・朝鮮人らを乗せた船が新潟港から出発した。84年までの25年間に約9万3000人が日本海を渡った事業を韓国紙は「国家犯罪」と非難。韓国政府に対し「日本の過去史を問題視するなら、在日韓国人の北送について反省と謝罪を要求するのが先決ではないか」と訴えた。 帰還事業は朝鮮総連が“地上の楽園”に帰ろうと宣伝して主導した。金正恩・朝鮮労働党委員長の母親は大阪生まれの在日朝鮮人二世で帰還者の一人とされる。 朝鮮日報は論説委員名のコラムで北朝鮮に向かった人たちについて「そのほとんどが南韓(現在の韓国)の出身で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング