写真

マレーシアのマハティール首相が17~21日、中国を公式訪問した。

マレーシアのマハティール首相が17~21日、中国を公式訪問した。マハティール首相は中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席、李克強(リー・カーチアン)首相、栗戦書(リー・ジャンシュウ)全人代常務委員長と相次いで会談。両国政府は共同声明を発表した。マハティール首相は善意を示し続け、ASEAN以外の国を公式訪問するのが就任後初であることを強調した。双方の連動は現在の両国関係の前向きな動向をはっきりと示した。(文:華益声・国際問題専門家。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載) 両国は伝統的親善を大切にしている。実はマハティール首相はもともと対中友好という立場だ。1981~2003年の首相在任中、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング