写真

16日、米国のハガティ駐日大使が記者会見、米中貿易戦争の行方について「改善の道筋を確立するためのプロセスが進行している」とした上で、11月末のブエノスアイレスでのトランプ米大統領と習近平中国国家主席との首脳会談で、状況が改善するとの見通しを明らかにした。

2018年11月16日、米国のウィリアム・ハガティ駐日大使が日本記者クラブで会見、米中貿易戦争の行方について、「改善の道筋を確立するためのプロセスが進行している」とした上で、11月末のブエノスアイレスでのトランプ米大統領と習近平中国国家主席との首脳会談で、緊張緩和の契機となる協議が行われ、状況が改善するとの見通しを明らかにした。 これに関連して同大使は「関係改善は中国経済に深く関わっている米国や日本にとってはもちろん、世界全体にとっても良いことと考える」と述べた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング