写真

台湾桃園国際空港の東南約10キロメートルの場所に日本の神社が現存するが、参拝に訪れる日本人は少ない。写真は筆者提供。

台湾桃園国際空港の東南約10キロメートルの場所に日本の神社が現存するが、参拝に訪れる日本人は少ない。桃園神社は、日本統治時代の台湾新竹州桃園郡桃園街大檜渓(現・桃園市桃園区成功路三段200号)にあった神社で、現在は桃園市忠烈祠神社文化園区となっている。日本統治時代に外地にあった神社では珍しく当時の社殿がそのまま残され、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング