写真

中国メディアの環球網は16日、ドイツ・ドレスデンの地元紙に掲載された「新中国との別れ―あれから7年、われわれはこの、世界中のどこよりも変化の目まぐるしい国を後にする」と題するコラムを紹介した

中国メディアの環球網は16日、ドイツ・ドレスデンの地元紙に掲載された「新中国との別れ―あれから7年、われわれはこの、世界中のどこよりも変化の目まぐるしい国を後にする」と題するコラムを紹介した。執筆者はドイツのフェリクス・リー記者。 リー記者は、「私は幼少期を80年代の北京で過ごした。当時の北京の印象は『灰色』だった。木々はまばらで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング