写真

6日、環球時報は、「日本製の品質は監督のおかげ、良心に基づくものではない」と題する霍建崗氏の文章を掲載した。資料写真。

2018年12月6日、環球時報は、「日本製の品質は監督のおかげ、良心に基づくものではない」と題する霍建崗(フオ・ジエンガン)中国現代国際関係研究院日本所副研究員の文章を掲載した。以下はその概要。 近年相次ぐ日本製品の検査データ改ざんなどの問題について、ある日本メディアは生産設備の老朽化や人材不足などを要因として挙げた。合理性のある解釈だが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング