写真

11日、台湾・中央社によると、電子決済が急速に普及している中国で現金払いを拒否する店が続出しているが、中国当局がそうした店に罰金を科したケースが過去5カ月で602件に達したことが分かった。

2018年12月11日、台湾・中央社によると、電子決済が急速に普及している中国で現金払いを拒否する店が続出していることが分かった。 中国人民銀行は7月、「いかなる個人や企業も現金による支払いを拒否してはならない」とする公告を発表した。現金拒否で罰金を科されたケースは、過去5カ月間に602件に達したという。 電子商取引大手・アリババ集団傘下のスーパー「盒馬鮮生」は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング