写真

16日、ウィーチャットのアカウント「牛弾琴」は、カナダ当局が犯罪人引き渡し条約に基づく米国の身柄拘束要請を受け、中国の通信機器大手、ファーウェイの孟晩舟副会長を逮捕した問題(現在保釈中)について、「今後考えられる三つのシナリオ」を伝えた。

2019年1月16日、中国メディアの海外網によると、中国国営新華社通信傘下の「環球雑誌」副編集長、劉洪(リウ・ホン)氏が開設したウィーチャット(微信)アカウント「牛弾琴」は、カナダ当局が犯罪人引き渡し条約に基づく米国の身柄拘束要請を受け、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(モン・ワンジョウ)副会長兼最高財務責任者(CFO)を逮捕した問題(現在保釈中)について、「今後考えられる三つのシナリオ」を伝えた。 記事はまず、孟氏が昨年12月1日に逮捕されて以降の中国側の一連の対応を紹介。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング