写真

23日、騰訊科技は、「全世界で巻き起こっている電気自動車の研究開発ブームが電池メーカーをはじめとする川上産業を活性化させた」とする記事を掲載した。写真は韓国の道路。

2019年1月23日、騰訊科技は、「全世界で巻き起こっている電気自動車(EV)の研究開発ブームが電池メーカーをはじめとする川上産業を活性化させた」とする記事を掲載した。 記事は業界関係者らの予測として、電池生産を手掛けるLG化学、サムスンSDI、SKイノベーションの韓国3社の昨年の受注額合計は約110兆ウォン(約11兆円)に上ると説明。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング