写真

21日、米紙ワシントン・ポストによると、中国が外国の固体廃棄物の受け入れ削減を決めたことで、米国内の小都市ではリサイクル能力が限界に来ている。資料写真。

2019年1月21日、米紙ワシントン・ポストのウェブサイトによると、中国が昨年決定した「海外ごみ輸入削減令」によって、米国の小都市ではリサイクルに困難が生じているという。 報道によると、中国の「海外ごみ輸入削減令」による影響は米国の大都市では免れているが、小都市では深刻な問題となっている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング