写真

故宮が人気となっており、売り上げ240億円を記録した。

かつて上元節と呼ばれていた元宵節(旧暦1月15日、今年は2月19日)は、年が変わって初めて迎える満月の夜であり、新春のお祝いムードはこの日まで続く。元宵節は漢の時代に始まって次第に形を整え、長い時間を経て発展し、少しずつ変化し、今では元宵(餡をもち米粉の中に入れて転がして作る団子)を食べ、月を愛で、提灯を飾り、花火を上げ、なぞなぞで遊び、獅子舞や竜の舞などを楽しむ民俗が形作られている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング