写真

18日午前10時38分ごろ、韓国の地対空誘導弾「天弓」が誤作動により発射され、上空で爆発した。これについて、韓国・KBSは「老朽ミサイルでなく新型ミサイルが不時発射されたとの点で深刻な問題になりうるため、詳しい調査が必要」と指摘した。写真は韓国軍。

2019年3月18日午前10時38分ごろ、「韓国型パトリオット」と呼ばれる地対空誘導弾「天弓」が誤作動により発射され、基地の上空で爆発した。これについて、韓国・KBSは「老朽ミサイルでなく新型ミサイルが不時発射されたとの点で深刻な問題になりうるため、詳しい調査が必要」と指摘した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング