写真

20日、韓国・聯合ニュースによると、米ロサンゼルスのコリアンタウンにある壁画が再び問題視されている。写真は旭日旗。

2019年3月20日、韓国・聯合ニュースによると、米ロサンゼルス(LA)のコリアンタウンにある壁画が再び問題視されている。 記事によると、LAで活動する韓国人芸術家団体「Gyopo」は最近、コリアンタウンにある公立学校ロバート・F・ケネディ・コミュニティー・スクールズの外壁に描かれている壁画について「旭日旗の模様が日本植民地時代の日本軍の残虐さを思い出させる」と主張し、撤去もしくは修正を求める内容の書簡をLA統一学区(LAUSD)のロバート・マルティネス教育監に送付した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング