写真

17日、環球時報は、日本よりも米国の方が墜落したF-35Aの捜索に焦っているとする記事を掲載した。資料写真。

2019年4月17日、環球時報は、日本よりも米国の方が墜落したF-35Aの捜索に焦っているとする記事を掲載した。 記事は、米海軍協会のサイトの情報を引用し、「米軍はB-52、P-8A、U-2などを派遣し、事故海域で捜索活動に当たっている」と紹介した。続けて、「日本メディアは、ペンタゴンが急いで戦闘機を引き揚げようとしているのは主に対外的に抑止のシグナルを出すためで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング