写真

18日、環球時報は、東日本大震災で放射性物質漏れの事故が発生した福島第1原発で、新たな就労ビザ制度に沿って日本語能力のある外国人労働者を受け入れる方針を示したと報じた。資料写真。

2019年4月18日、環球時報は、「日本が外国人労働者を募集し原発廃炉作業に」と題する記事を掲載。東日本大震災で放射性物質漏れの事故が発生した福島第1原発で、新たな就労ビザ制度に沿って日本語能力のある外国人労働者を受け入れる方針を示したことを伝えた。 記事は、同原発の運営者である東京電力が18日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング