写真

23日、新浪網は自国の早期警戒機を紹介する記事を掲載。開発に当たって搭乗した「電子の専門家30~40人が犠牲になる」などの状況すら出現するほどの猛烈な努力を重ね、機種数が米国を抜き、機数は世界第2位と誇らしげに論じた。写真はKJ-2000早期警戒機。

中国メディアの新浪網は2019年4月23日付で、自国の早期警戒機の状況を紹介する記事を掲載した。米国の妨害により国外技術の導入ができない状況で、「電子の専門家30~40人が犠牲になる」などの状況すら出現するほどの猛烈な努力を重ね、現在は機種数が米国を抜き、機数は世界第2位と誇らしげに論じた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング